まちをつくろう

3年u組の授業 
教室に入った時、生徒が僕を見て驚いた。日本に帰ってしまったと勝手におもったらしい。
僕の登場に生徒は喜ぶと共に、9歳なりの慎みを見せた。 日本の現状を知っているのだと解った。
遠慮されるとこちらもやりにくいので、元気であることを伝えた。

「いま、にほんは苦しいけれども、きっとまたみんな元気になります。」

そう伝えて、笑顔で授業に入った。
急に思い立ち、計画していた授業を中止し、まあ本当に思いつきで折り紙の授業に変更した。
ただ自分がしたくなったからや。

『折り紙「お家」を作って住みたくなるような色をぬろう』
 
a0166378_21275014.jpg





一度、簡単なほうの家は折っているはずなので、授業はスムーズに進んだ。


それから早くできた子が何人か前に来たので、テープを渡し、
黒板の好きなところに貼っていいよ と言ったところから、始まった。

落ちていた小さなチョークを手に、数人が黒板に線を描き始めた。

a0166378_2146214.jpg

「道ですか?川ですか?」→「みち!」  「そうですか」


a0166378_21475229.jpg

車、山などが加わった。 お〜楽しそうだ。 犬もわんわん吠えているのやろう


a0166378_21501896.jpg

良く見たら、めっちゃかわいい家ばっかりやん
a0166378_21542520.jpg

人も増えてきた





ほんで、ふと感じた。
a0166378_2254375.jpg

a0166378_2265718.jpg

今、この子らの心の中には日本を思う気持ちがあることを。

日本を思って描いている

誰かが空に「ヤポン(日本)」と書いた。





この子たちは、日本をおもって町をつくってくれていると感じた。

何人かそばに寄ってきて、「津波が来たんでしょ?」とか「お母さんお父さんは大丈夫なの?」とか耳打ちで聞いてくる。

a0166378_22123816.jpg

日本の地に、草や花、蝶々をたくさん咲かせてくれる


a0166378_22145651.jpg

みんなで力を合わせて、ステキな町が出来上がっていく


今まで見たこともないような、ステキなステキなみんなの町が、出来上がっていく



最後に「先生、あそこに笑顔の太陽を描いてよ!」と頼まれ、僕も筆を入れる  太陽をみて、生徒も笑う
a0166378_22191885.jpg


眺め、見とれる。僕の眼を、生徒が覗き込んで笑う、冷やかされる




「みなさん、いま、日本はとっても大変です。たくさんの人が苦しみ、泣いています。
 でも、みんなみたいにこうやって、力を合わせて新しい町をつくっていきます。
 もしこんな楽しい町ができたら、日本の人々は大喜びでしょう。
 でも、日本人だけでは難しいから、どうぞあなたたちも手伝って下さいね。」


生徒全員から大きな大きな、「ザーー!!(ハイ!!)」が返ってきた。



ありがとう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-03-17 22:45 | モンゴル | Comments(5)
Commented by mori2fm at 2011-03-18 01:50
ありがとう、モンゴル!
ありがとう、みんな!!
日本は負けないよ!みんなでまた立ち上がるよ!
でも、ニュースを見てると泣けてくるんよ(>_<)。
Commented by natsumi at 2011-03-18 11:44 x
むっちゃ嬉しくなりました。
ありがとうと言いたくなりました。

自分にできること、みんなを思う気持ち
すごく大事ですね。

私も京都で頑張ります!
うーやんも元気に過ごしてください。


Commented by chaka at 2011-03-19 01:12 x
ようやくツイッターの話題も落ち着きだしてるけど、東京は停電の話題と原発の話題が多いね。今までの災害よりも日本では感情を共有していて、焦りだとか悲しみだとかにあふれていて、すごく重かった。関西にいる俺は、バリバリ働いて、復興資金を寄付する事にしました。今さらレスキューも、自衛隊も無理やからね。悲しみは日本人共有した。今度は希望を共有しよう。
後、モンゴルサンクス!朝青龍にしたように、こっちのマスコミはこの非常事態に関わらず、クズっぷりを見せてくれてる。ドルジはいいやつだったぜ。
Commented by kaoru at 2011-03-19 22:11 x
ものっそいええ町。
頑張れる日本に、こんなモンゴルのあたたかい想いもあるから
できるよね。こういう町。
うちまでがんばっていこうとおもった授業をバイヤッラー
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-03-21 20:37
モンゴル全土で応援の声が上がっています。
それは僕が今までモンゴルにいてて、聞いたことないぐらいとても大きな声です。

僕も今なおニュースを見る度に、平静な気持ちを保つことが難しくおります。歯がゆいし、つらい。
しかし今日本人が一丸となってこの災害に打ち勝とうとしていることを聞き、
志を同じくするとともに、自分が今できることを率先してしていくべきだと真摯に感じました。

chakaさんも言っているように悲しみの共有の次は、希望の共有が必要と感じます。
希望は悲しみと違い、自分で生むことが大事だと思います。
積極的に日々を楽しく、ありがたく過ごし、そして今自分にできる支援を被災者の立場に立って考え、行動していくことが求められていると思いました。

今僕に出来ることを、あまり選り好みせず出来る限り良い判断をして行動、活動していきます。

日本は素晴らしい国です。モンゴルにいてて、日本を見つめ返す機会が多いですが、本当に素晴らしい国だと常々感じています。

日本はみんなの力で再建する。
協力という日本人の素晴らしい民族性をもって、どんな災害にみまわれても必ず打ち勝つと信じています。

みんなで頑張りましょう!

<< 日本へ 励 >>