2014年 11月 07日 ( 1 )

めぐり 環 6ヶ月

a0166378_028891.jpg

めぐりがこの世に還って来てくれてから、半年経った。
日々感動させてもらっていて、この感情を文字に残したいと思いながらなかなか至らないので、文字を羅列することにする。

生まれたての人 ってこんなに美しいのか。
肌が新素材かと思うほどきめ細やかで美しいのです。僕が触ると汚れてしまいはしないかとさへ思う。
本当にいろんな表情をだせるようになってきた。豊かなのです。

少しずつ感情が芽生えてきたように思う。
何かを見つけ、じっとみる。そして近づこうと身体や手を動かす。
目の前にあるものは一体なんや、 とイメージを持ち合わせない頭の中に、爆発的に新しい景色や形が焼き付けられていく。

右手右足が力強く、よく動かすので右利きなのかもしれない。
手でトントンと何かをたたいたり、指でこりこりと掴むようなひっかくような感じの動きでものを触って何かを確認している。
よだれがよく出る。必死になっていたり考え事をしているとき、夢中になっている時に出やすいみたい。かわいいなぁ。

一人で座れるようになった。これはホンマにすごい!
そして、わりと生まれた時から立とうとする。
足をビンと突っ張って、立った時の感触や景色を好んでいるようにみえる。自立するのが早そう。
おっぱいを飲んでいるとき、周りの音が気になって振り向いたりする。飲んでいるときはホンマにかわいい。

お風呂に入れてあげてて、二人きりになった時にけっこう新しい動きや出来るようになることが比較的多かった。
いまは大きくなって来て、顔に水がかかるのを少し嫌がったり、あったかくなり眠気がきて濡れた手で目をこすってそれで目が痛くなったりする。


表情が日に日に鮮やかさを増す。
生まれたての素朴で簡潔な顔ではなくなって来た

身体を洗っている時の顔
あくびの顔
振り向いた時の顔
僕が家に帰って初めて僕を見る時の顔
たっちしてるときの顔
眠くて目をこする顔
爆笑モードの時の顔
驚いて泣きそうになってる時の顔
泣き顔
朝起き立ての笑顔
母と笑い合っている時の顔

出せばキリがないけど、ひとつひとつの生活のなかの表情が愛おしく、愛らしく、麗しい。
胸がぎゅっとなる。

僕はおっぱいが出ないし、やっぱ心の安心は母の胸の中にあるのやろうから、なかなか上手に寝かしたりできなかったり
なんかしら上手にできなかったり、加減がわからないときもあって、くやしいし、もどかしい。

べったりになんのはちょっと違う、自然体で優しい空気のなかで心を育むようなせいかつをしていきたい。


時が経つ早さ。
成長著しく、日に日に出来ることが増え表情が豊かになっていく。
それを全てやなくても垣間みれる、見守れることの有難さ。感動的である。
環について想うことが沢山あるが、刹那刹那に感情はほとばしり、はじける。
それが毎秒毎秒来るものだから、今在った感情がいつの間にか過去のものとなり、感情の痕跡だけが残る。

『いま』をおさめよう、覚えようとしても、その例の毎秒の感動や不安や心配などが「いま」を塗りかえ、新しい世界を見せてくれる。
これが『成長』と言えるもので、これが『ひとが生きている』ということなのかと、
その流れの速さに圧倒され、そのことにまた感動する。

命のたくましさと美しさ。
これには美しさだけではない、あいらしさみたいものが芯のほうでピカピカ光っているような気がする

a0166378_134561.jpg


めぐりよ おーめぐりよ
幸せの環を広げましょう 
ありがとう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2014-11-07 00:28 | 日本 | Comments(0)