<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a Rhapsody

a0166378_19302421.jpg

寒さが戻ってきた 景色がきれいになった
こうして寒暖が交互に、段階を踏んで暖かくなっていく
日本のように徐々に変化していく感じとは、少し違う
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-27 19:38 | モンゴル | Comments(5)

GOK 銅鉱山

a0166378_23501123.jpg

雪が大変降りしきるなか、大勢の隊員がエルデネトに来てくれました
この機会にエルデネトの代名詞であるGOK鉱山会社の採掘場の見学に行きました
なんとか許可を取ってもらい、短い滞在時間だったけど、鉱山採掘現場の迫力を感じました

僕は昨春以来の二度目だったけど、重機の大きさや力強さに再度圧倒させられました

ダンプカーというのでしょうか、大きさの常識を超えてしまう150t積載可能なトラック
僕が小さい頃にみていた、いろんな働く車図鑑の中に掲載されていた、憧れの働く車(これはおそらくロシア製)
恐竜的な大きさです
a0166378_052030.jpg

[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-27 00:14 | モンゴル | Comments(2)

2−b 復習の時間

a0166378_071244.jpg

今日小学校にて、僕の準備部屋に2年b組の先生と生徒が沢山入って机いすを持ち込んで座っていた
どうやら授業外の復習の日で、教室や机がないので僕の部屋を勝手に利用しているらしかった

僕は空き時間に小さな机で掲示物の作成をしていたのだが
生徒たちは国語の復習をさせられているようで
先生(30歳女性)に怒鳴られまくっていた

作文をするような課題で、特に修飾語や形容詞をつける勉強をしていた

先生が子供の服を苛立たしげに、つねり上げるように掴んで
「いやだから! どんな服着てるんよこれ?! え?! ピンクの服とか模様のある服とか!! いろいろあるでしょ!」
仕舞いには作文を書いているノートを取り上げられ、ノートで頭を叩かれたりしてる

書いた文をいちいち先生に見せにいく生徒たちは、小さい体をもっと小さくしてた
でも生徒たち、慣れているのか、あんまりめげてない
それは先生の雰囲気が子供を最後まで追い込んだりしてないし、ある程度「許し」の部分にゆとりを持った雰囲気があるから
でもある女子は叩かれるとき、けっこうビクってなってたな〜、、

ある男子が作文を持っていった時、先生がまたしても強めに質問、
先生 「んん?!  だからどんな馬?!」

男子 「ゴイな馬。。」
先生 「、、いや、ゴイな馬はやめようよぉ。。」
男子 「じゃあ、大きい馬」
先生 「そうそう。」

そのやり取りを聞いて思った
日本と同じやな

「ゴイ=かわいい、イケてる」のなんにでも当てはまる便利で表現力のない言葉なんやろうな〜と

先生も国語の時間やし、その乱用される言葉に、いや、ちょいちょい汗 ってなる感じやねんやろな〜と


ちなみにその男子は左から三番目の子です   まあやんちゃ
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-23 00:39 | モンゴル | Comments(3)

ウランバートルの夕空

a0166378_23533489.jpg

夕日が好きである
でも生まれ育った家でも7年住んでた京都でも夕日らしい夕日をあまり見たことがない
それは山があったからや   生駒山と西山
ちなみに山も好きである
モンゴルに来てから夕日をみる機会が随分増えた
夕日はこころを落ち着けてくれる  朝日はわくわくする、けど時に焦らされる

今日、人に借りたゲド戦記のDVDをみた 初めてみた
かなり期待を低くめに設定して挑んだが、それを大きく下回った  正直、「ん?え?」となった
ストーリーや映像の奥行きがまるで感じられずに終わってしまった 良いところをあまり見つけられない作品は久々である なぜや
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-21 00:15 | モンゴル | Comments(4)

ディーゼルエンジンの列車 Bagon

a0166378_2028134.jpg

Bagonとはロシア語で列車を意味するようです
2週間ほど前にウランバートル発サインシャンド行の列車に乗りました
目的地のチョイルにつくまでの道のり、素晴らしかった
昼間の草原列車、最高です 
力強くレールの上を走る 景色は青と白の二色 徐々に茶色が増えていく
車中で弁当食べたりして、まぶしい景色に目をやったりして、静かなひとときを過ごした       チョイル
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-19 20:37 | モンゴル | Comments(0)

やわらかな午後に

a0166378_2085759.jpg

写真とは関係ありませんが、今日は休日返上で大学行ってきた
いろいろ手伝ったんねんけど、ホンマここの学生めっちゃガキすぎ
ノリが日本でいう中学生  小中高で抑えられすぎたせいかな  文化祭のグダグダした準備を思い出した

写真はレアちゃんのデールです
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-19 20:19 | モンゴル | Comments(2)

夕の飛行機雲

a0166378_2304526.jpg

自分が嫌になったりため息出たりもするけど、どこまでもまっすぐな飛行機雲をみると気分が晴れる
 
どこまでもゆこう どこまでもゆこう 透きとおる空に うつる僕 君のやさしさ
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-17 23:09 | モンゴル | Comments(5)

寒い国

a0166378_21511444.jpg

少年よ 大志を抱け
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-16 21:52 | モンゴル | Comments(4)

子への愛

a0166378_2349871.jpg

モンゴルへ来て、子どもを育てるということについて随分考えます
それは日本のかんじと少し違って見えることが多いし、子ども自身も日本の子のかんじと少し違って見えるからです
総じて言えるのは、モンゴルの子の方が強く、日本のほうが少し違ったかたちで甘やかされている
モンゴルの子は甘いものを食べ過ぎている
小学生の半ば以降くらいになると日本の子の方が強いように感じる 
しかし家の中に入ると明らかにモンゴルの子の方がよく働く
どちらにしても大人は子供への愛のかたちがある モンゴルの方が神様のような扱いをしているかな
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-15 00:03 | モンゴル | Comments(8)

雪祭りの日

a0166378_19241787.jpg

去年同じ場所で経験したことも、今年になればまた全然違う経験をする
同じ景色だとおもって見ていても、実は一刻一刻と時を刻むごとに違う景色に変わっていっている
それに気づかなければ、いつもと同じまま
それに気づくことが出来るならば、毎日が新しく鮮やか
こころを柔軟にしておきたいものです

ツァスニーバヤル、楽しかったよー
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-12 19:33 | works | Comments(4)