<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雨降って吹雪く

昨日の晩、またしても学生たちが家にくる
昨日はいつも以上に疲れていて、外の雨の具合がちょうど良く疲れを癒してくれるしっとりとした夜のはずやった
雨はときに優しく、ときに激しかった

いろんな話や実習の相談や斡旋なんかをし時を過ごす
学生たちは携帯を持って、「先生、『トランス』聴きますか?」と嬉しそうに促してくる

僕はトランスが好きではない



携帯から流れる一定の電子的リズム、音質の悪い全くトランス出来なさそうなトランスを聴きながら、
トランプゲームの大富豪を教えてあげる 

さすが日本語学生だけあり飲み込みが早く、何度か負けたりしながら楽しく過ごした
「先生、今から山に行きますか?」

「なんで? 夜ですよ、雨もたくさん降ってますよ?」
「雨降ってるから気持ちが良いんじゃないですか」

「...ほう。今日はトランプをしましょう...」
「はい、先生」

モンゴルの人々の雨に対する感情と、それに反する日本人の雨降りへの受け身な態度がむき出しになった

しばらくして学生たちは帰り、僕は一人、少し腐ったような臭いがしないでもない昨日の残りで晩飯を済ませた

雨は激しく降っていた これが春の雨か、と確かめるように雨を眺めて寝た



今朝、妙に明るいと思って起きたら、景色一面雪景色どころか、ものすごい勢いで吹雪いている
なにも見えない 右から左に粉のような雪がゆく 向かいの屋根の上に積もった雪が風に吹き飛ばされて、いかにも寒そうやった
外に出たくない気持ちを何とか振り切り小学校に向かうが、最悪やった
生まれてはじめて本物の吹雪を経験した

風で前が見えない
目、鼻、口、耳の中に粉雪が入り込んできて何にもできない
顔が濡れて冷たい
風で体が倒れそうになる
部分的に30センチくらい雪が溜まってて歩けない
すべって転けそうになる
タクシーを拾いたいにも車が走っていない
向かい雪風に反抗しながら進むのには心が折れそうになった

体積が空気1に対して雪1といった感じ
細かい雪が埃のごとく空気中にとどまって、すぐに舞い上げられてまるで地面に落ちることを知らぬようである
もう感動的でさえある

悲痛で歪んだ顔をして学校の扉を開けた僕に対し管理人さんたちが笑いながら、
「おはよう。モンゴルはどうや?」
と完全にボケろと言う振りをしてくるので

「いや〜、モンゴル最高っすわ!! どんなけ最高やねん」
と真逆のことが言いたかったのを堪えて返答

家に帰って来てからもまだまだ吹雪いている

春やったのに 緑になってきてたのに
いつ止むんやろうか

a0166378_14445455.jpg

                                             エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-29 15:39 | モンゴル | Comments(2)

オボー

a0166378_0555132.jpg

頑張れニッポン                                       エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-26 00:57 | モンゴル | Comments(0)

水族館

a0166378_1150572.jpg

                                             沖縄
この写真、「ちゅら海水族館」も素晴らしかったが大阪「海遊館」のほうも良い

一番良いと思った水族館は、福島県いわき市にある「アクアマリン福島」
地元で穫れる魚やその生態系にスポットを当てた地域密着型の新しい水族館
サメやマンタといったいわゆる役者どころがほとんどいない 
鰹の高速魚泳 2万匹の鰯の群泳 秋刀魚やイカなんかもいた

地震により再生不可能なほど被害を受けたと聞いている
なんとか、復旧して再度素晴らしいものを見せてもらいたいな
もう一度行きたい

東北地方の一日でも早い復興をモンゴルから祈っている
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-24 12:22 | 日本 | Comments(0)

4/21

a0166378_22453888.jpg

                                              エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-21 22:46 | works | Comments(0)

a0166378_21531111.jpg

この道をゆけば どうなるものか
危ぶむなかれ  危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となる 
迷わず行けよ 行けばわかるさ

という詩がある

聞き飽きている場合ではない
道は 進むためにある 止まるためにあるのではない

今するべきことは 後々にするべきでなく 前にしておくべきことと後悔するものでもない
今、やったらええことや

一歩進めば、一歩分進んで「今」になる

行った先がどんなのか見当がつかなくても、前にいたところとは違うということだけはわかる
ぐるっと回って元の場所に戻ったとしても、前にいた自分とは違う


 原因があって結果があるのではない

何事も、結果があって原因がある とおもう

「結果が出てから原因が見つけられる」のであり、結果のない原因など存在しない
あらゆる意味も定義も本質も、存在に先行することはできない
まず、何かが起こり、それからすべてはじまる

僕は僕自身の原因である


どちらの方向かに進む
疲れたら止まるかもしれんけど、今は進む 自分なりに
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-20 22:24 | モンゴル | Comments(2)

流れる

a0166378_1444168.jpg
         
                                              エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-17 01:46 | works | Comments(4)

ロウソク消し

a0166378_20115164.jpg

実はこんなためのロウソクでした                               エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-16 20:14 | モンゴル | Comments(2)

真夜中の雨

今雨がふっている

今年はじめての雨が今ふっている

聞き慣れない音で気づいた

窓を開けると、夜の闇に雨の匂いが混じっていた
雨の匂いが好きや

しとしと、ぽたぽた、さーーさーー
何かにあたったり、風が吹いたり、
いろんな音がする
雨の音が好きや

風もしっとりとしている
肌に触れるのがとても心地いい
手を伸ばして雨に触れてみた なかなか冷たい
雨の中にいるのが好きや

ずっと降っててほしいとおもう


昔から好きやった
世界が曖昧になって、境界線みたいなのがなくなる感じが好きや
心が躍ったりするのではなく、心が静かになる感じが良い

昔の頃から、ずっと雨の外を眺めたり、軒下に座って雨の景色を見ていたりしてた



登山中に雨に降られ、木々の間を抜けるように前に進んだ
苔や草花々が嬉しそうに露をまとっているのをみた
ビニルをかぶった体も露に濡れて冷たく、歩くことによる暑さとの差が不思議な感じやった

そうして、静寂な山中をもくもくと歩いていておもった

この鬱蒼とした森のなかで、まるで雨に濡れた僕自身までが溶けてしまったようだ 一体となっていくようだと

本当に森の一部になったような気がした
山の世界の、ほんの些細な一部が、小さな足の生えた些細なものが、ちょろちょろと歩いてそこからあそこへとただ移動しただけに思えた

木や苔と同じ存在になってしまったような気がして、すごく嬉しくなった
心が静かになり、そして洗われたようやった そんな時間と出会った
それ以来、山がとても好きになった



モンゴルではあまり雨が降らない
雨が降るとみんな喜ぶ 
緑が美しくなる 空気がきれいになる 家畜の汚れが落ちる
モンゴル人はみんな雨が好きなようや 
僕も好きである

最近の埃っぽい季節に降るこの雨、 もっと降ってほしいと思ってたら
今、止んだ

ぽとぽとと雫が地面にあたる音だけになった
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-16 02:52 | モンゴル | Comments(2)

灯火

a0166378_1204353.jpg

[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-15 01:22 | モンゴル | Comments(2)

柵々

a0166378_23272323.jpg

モンゴルでは柵なんかあってないような扱いしている

今日は「継続の大切さ」を深く考えた日であった
継続させることの難しさは、みんなが体感しているはずなのに、継続を向上させることはいつまでたっても難しい

心の問題である 心の弱さと表現するのはちがう 心の置き方とでもいう方がしっくりくる 

継続しておこなう必要があることは、継続しないと結果が良くないものになる、だから継続はめっちゃ大切である
アホみたいなことを言っているけど、そうなんやとおもう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-04-12 23:39 | モンゴル | Comments(0)