<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

10/31

a0166378_23333131.jpg
別れの淋しさ 悲しさ
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-31 23:37 | モンゴル | Comments(4)

夕のエルデネト

a0166378_035381.jpg

                                                   エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-28 00:41 | モンゴル | Comments(0)

かくの如し

a0166378_0204884.jpg

       行く河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず
       よどみに浮かぶうたかたは、且つ消え且つ結びて、久しくとどまりたるためしなし
       世の中にある人と栖[ すみか]と、またかくの如し
                                                   方丈記・鴨長明



日本語の学生に教えていて、はっとさせられた
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-26 00:32 | モンゴル | Comments(0)

学びの顔

a0166378_21411255.jpg

[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-22 21:41 | モンゴル | Comments(0)

旅の目的地とは

a0166378_21442363.jpg

君の笑顔が、旅の目的地です。
なんてたまに言われていますが、案外その通りなんだと思います

旅行では「目的地」を目指し、いわゆる名所につき、そこの名物を拝見する
「あ〜これか〜。」みたいな
「写真で見た通り、きれいだわね〜。」みたいな

そんなのもいいんですけど、旅とは言わないのではないか 
そういうのは旅というより「知識補完行為」「観光」「旅行」というほうが適切だとおもいます

目的地を決めようが決めまいが、"旅”というまさに時間そのものを楽しむ
そこに何が待っていようと、なにがあろうといいじゃないか、旅なんだから 

そんな気持ちと行動

旅のなかで
"何かをしなければならない”とか
”目的地にたどり着かなきゃ”とか
"精一杯楽しむ!”とかそんなこと、しなくても良くて、

気づけば後ろに過ぎ去っていく景色、そして新しい風を感じながら足を前に進める
世界の大きさと自分の小ささ 時の出会いと儚さを体に染み込ませることに"旅”をする目的がある気がする

それは旅を旅するんじゃなくて、今という道を旅する そんな感覚であります

移動を楽しむ っていうのとは少し違います でも移動は勿論楽しみます
「そこに山があるからさ」 的な感覚かもしれません

「そこになにかが待ってるからさ」そんなキザな感じに聞こえる表現が、案外しっくりするのかもしれません


今日の昼ごろ、人生の中でもトップ5に入るほどの痛い症状2日間を乗り越え、
スポーツをした後のすがすがしさにも似た感覚で、旅することを思い浮かべた夜でした

旅がしたくなるのは、忘れそうになる大事な何かを思い出したくなるから なんやろう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-20 22:19 | モンゴル | Comments(0)

秋雪

a0166378_14324842.jpg
9月7日撮影 紅葉と雪がきれいでした
                                                   エルデネト
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-20 14:36 | モンゴル | Comments(0)

いじめ

a0166378_2242132.jpg

ピンクジャイアンとブラックのび太
野比君は腹に一発入れられるのを恐れて典型的な引け腰です
このあと蹴られてました

がんばれ野比君
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-16 22:49 | モンゴル | Comments(0)

雲が染まる

a0166378_19591461.jpg
不思議やったな
不思議やった
一人で見ているのがもったいない
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-15 20:03 | モンゴル | Comments(0)

久遠の河

a0166378_1331863.jpg
       もう そこには 風の音が響き
       そう 誰もが 新たな種を蒔く
       いにしえのうたを語る 壁の跡に

       岸辺を 砕く波
       何を憂うの まだ

       別れた人の名が 消えないように
       悲しみも包み込んで 許しましょう いま

       涙の向こうへ まだ光は射すから
       大河の流れに このこころをあずけて
       水に舞う月のように
       たとえすべてが夢でも
       どんなときも 行きてゆける

       苦しみが
       いつか愛に 報われるなら

       教えてください
       なぜ命は争う
       答えてください
       この絆が問うもの
       何処も同じ空なのに
       雲は時に傷を負う
       雨を呼ぶ

       涙の向こうへ また光が射すまで
       大河の流れに このこころあずけて
       水に舞う月のように
       たとえすべてが夢でも
       遥かな道
       行きてゆこう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-15 13:54 | モンゴル | Comments(0)

授乳の秋

a0166378_2235028.jpg

「ヨウイチ!今この瞬間を撮って!」って言われたので撮りました
こんな森の中で授乳 非現実的な感じ 
そしてこのお母さん 大きい ビッグママン

でも素晴らしくやさしい人です
こんな歳のお子さんがいるとは思っても見ませんでしたが

私を撮って!のタイミング、これはいいのかな
授乳って、どうなんですか、 胸を見せるということが全く恥ずかしくなさそうなんです
それは同年代の若くて綺麗なお母さんも一緒です
僕なら恥ずかしいんですけど 
日本では授乳シーンって男性にはあまり見せるもんじゃないですよね?
見せてもらえるのは色んな意味で嬉しいのですが、
なんというか、出し方がもう「ブリンッ!」といった風で、こちらとしては隙有り!的な感じで狼狽してしまいます

今まで大事に隠してきたのはなんやったんや と思うのです

                                               Erdenetees 1tsag mashinaar yavsan Oi modon dunduur
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-12 22:51 | モンゴル | Comments(0)