<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京探訪5

a0166378_22331173.jpg

この写真で、レンズに汚れがあることを再確認
雨がぱらついてたということもありますが、きっとレンズ内の埃です

ゴビの砂漠ではしゃぎまくったことが一番の原因です
掃除できるかな
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-30 22:37 | 日本 | Comments(0)

東京探訪4

a0166378_20593240.jpg

なんじゃこれ
福くま手 見た目が面白すぎる
アイドル写真がたくさん

撮影禁止でした 申し訳ない 
なんじゃそれ
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-27 21:01 | 日本 | Comments(0)

東京探訪3

a0166378_23124795.jpg

なんという色彩
なんでこんなことになるのか
赤と黄 という色はすごい力を感じる
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-26 23:21 | 日本 | Comments(0)

東京探訪2

a0166378_0343988.jpg

スカイツリーは真下でみたらほんまに高い びっくりする
黄色いうんこはなんかオシャレ となりはビールジョッキのイメージかぁ
初めて見るびるじんぐに、海外から来た旅行者のように驚いてしまう

僕モンゴルでは日本人ですって顔してたけど、日本に帰ってきてみたらほんまただの奈良育ち田舎ボーイやった と気づかされる
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-26 00:43 | 日本 | Comments(0)

東京探訪

a0166378_22595139.jpg

なんだか面白いです 
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-22 23:03 | 日本 | Comments(0)

朝御飯

日本について最初に感じたことは、「暖かい」ということ。
その次は、「日本人、はっきりものを言え」「道がきれい」

東京にいるあいだ数日、高校の時の友人宅にお世話になった。
かなこちゃんと食べるラー油君の新婚。
二人とも高校の同級生で、10年越しについに結婚。
彼らの結婚式にはモンゴルにいる間だったので、参加することが出来なかった。
モンゴル2年間で悔やまれる出来事の一つである。

東京でバリバリとお仕事を頑張りながら、二人の生活というものを二人なりに大切に紡いでいる。
結婚をしたことで、何か今まで見えてこなかったような繊細な部分や見過ごしてきた部分を見直し、その一つ一つを大事に抱きしめようとしている。

そんなことを感じ、心がジワっとなる。

a0166378_8373147.jpg

こんな豊かな朝御飯を僕は知らない。
僕が居るから頑張ったのかもしれないが、いつも通り朝御飯を一日の始まりとして大事に考えている、という風だった。

涙が溢れるような味。
なんて豊かなんやろう。

食べるラー油君、こんなんちゃうかったやん。そんな柔らかい感じになるなんて。

そして驚かされたこと。
いつの日か、彼にあげたものを僕の前に出してくれた。
驚きと懐かしさ。
馴染んで自然になっている。
a0166378_838359.jpg

結構な頻度で食卓に上がると言ってくれた。

a0166378_838177.jpg

つくった当時の気持ちがじんわり蘇ってくる。
自分のものは、自分から離れた後に再会できるものという感覚がなく、しかも2年間も陶の場から離れていた。
だから自分のつくったものとの再会が妙な気持ち。気持ちをグイッと連れ戻してくれるようであった。

当時の技量や感覚の未熟さなどはどうであれ、なんかうれしかった。

友人のそのもてなしの心。味わい。
友人夫妻と共に過ごして、もう一つの「暖かい」に包まれる時間であった。

ありがとう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-21 08:41 | 日本 | Comments(0)

JAPAN SKY

a0166378_13274868.jpg

東京の空はせまいです
からまった網の中で泳ぎもがく魚になった気分

でも空気がきれい
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-18 13:30 | 日本 | Comments(0)

TOKIO

帰国後しばらく東京で過ごした。
帰国直後の思いを少し綴っておこうと思う。

整い過ぎた地面に景色。
安心を手に入れるために努力し、警戒や注意心を忘れた人々。
隅々まで気が行き届いた人工物。美しすぎる。抜かりなさ過ぎる。
自明性のなかでまわり続けるシステムと、それに疑問を抱かずにただただ日々をこなす。
多くの人が不健康に見えた。 色が無い。

それでも人々に垣間見える笑顔は強い輝きがあった。
それぞれに幸せを感じながら強く生きているのを感じる。
大勢の人は声が小さい。僕が大きくなっただけなのか。日本では大きな声で話す必要がないということか。
色の多さに、逆に色を感じない

a0166378_15104817.jpg

早足で歩く人々のなかを、なぜか負けじと早歩きをする自分。日本人の感覚に戻っていくスピードが速い。
だからたぶん、忘れてしまうスピードも速い。
驚くほどの速さで電車が来て、たまげるほどの速さで目的地に着く。しかも決まった時間に。
分単位で待ち合わせが出来る。

a0166378_0252524.jpg


何を食べてもおいしい。
最初の食事で出たプレミアムモルツの生。大阪王将の餃子。米。美味しすぎる。
そしてその接客員がおそらく大陸の方。大陸の方の多さ、特に接客業での多さに驚く。
こんなに流暢に他国語で話せちゃうんですか。
なんなのこの社会。

a0166378_0131262.jpg


人が多すぎる。
みんな黒色の着物。地面も黒色。建物も黒色。
目の前をせわしなく行き交う人々はだれがだれだかわからない。
でもなぜか皆が友達に見える。

「あれ、あなたどっかで...?」と思ってると向こうも、「ん...?」って顔して目が合う。
向こうは、”なにこの人すんごい見てくるんですけど...!”
と横目で見てくるが、こっちとしては「...! ですよね!? やっぱどっかで!」 
っていう気持ちの交錯が生まれまくってしまった。

a0166378_0244329.jpg


年配の方がものすごいスピードで働いている。
あんなお年の方があんなファーストフード店で、ものすごいスピードでお釣りを数える姿。凄まじい。なんなんだ。

スターバックス等のカフェやマクドナルドなどのFF店を、色んな世代の人達がそれぞれに陣取って大声で楽しそうにおしゃべりしている。
居酒屋に見えた。
こんなうるさいところで大声で話しながらちびちびと冷めたカフェラテなんかに舌鼓を打つことってそんなに欲されることなんだろうか。

信号を無視してしまう。
何も通らない道の赤信号をゆらりと待つ皆が変に見えてしまう。車、来てないよ?と思ってしまう。

マンホールを踏まないように自然と避けてしまっている。
日本なら落ちることはないやろうに。

少しぶつかったくらいで謝られた。とっさにこっちも謝った。
モンゴルでは人をかき分けて進んだ。押したり押されたり。触れただけで謝るって、なに。

電車で、年配に席をゆずれない。
遠い。そして混んでいるから身動きが取れない。動かない方が迷惑にならないようや。

皆ホンマにオシャレ。ビックリするくらいにオシャレ。
女の子がなんか、、かわいすぎる。目がおっきい。冬やのに足見せすぎ。タイツ流行りすぎ。目がいっちゃう。


a0166378_0501259.jpg


テレビが綺麗。パキッとしている。どこまでシャープネスを求めているのか。
テレビタレントやアイドル、アーティストがみんな小振り。
なに、美少女系アイドルグループ多すぎて、音楽は死んでいる。
氷川きよしがおかしな方向に行ってしまっている。なんとかム〜チョみたいな歌をお尻プリプリさせながら歌ってる。なにその歌。

a0166378_051142.jpg

それは狭い
高い場所に人の気配。空が見えないから寒い
当然、星も見えない。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-18 00:58 | 日本 | Comments(2)

2012年

a0166378_221765.jpg

遅ればせながら、明けましておめでとうございます
今年は日本です よろしくお願いします

自分のペースで、感謝の気持ちを持って、歩んでいこうと思います
モンゴル、ありがとうございました
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-01-07 02:23 | モンゴル | Comments(0)