<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

姉結婚

a0166378_21464971.jpg

                                                   奈良・あやめ池

姉が結婚しよった 
めっちゃお金のかかった披露宴に 弟はめっちゃお手伝いをしながら、
そんなお金かけられたらプレッシャーがエゲツないで という内心でいた

でもね〜、良い式やったなぁ。
「家族」というかたちが改めてはっきりした機会やった。
姉が仕込んでくれてたメッセージカードとか、なにげに嬉しかったです。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-29 22:10 | 日本 | Comments(0)

新道具

a0166378_15424026.jpg

東北から奈良に帰ってきて、実家の仕事である縫製業を本格的に手伝わせてもらうことになった。
実家の仕事ということ、長男ということ、家庭ということ、今までのことと、これから将来のこと。
いろんなことをいっぺんに考え、それで答えが見つかったわけではないけれど、
自分にとって、周りにとって、将来の在り方についてできるだけベターな選択をいま早急にするとなった時に、ひとまず家業をお手伝いさせていただくという選択をすることにした。

これは自分にとってかなり勇気のいったことです。
我が家はたぶん、仕事柄かなり特異なことをしている。そんななかで育った。
長年家の仕事を見てきて、その面白さと珍しさに一つの敬う気持ちは持ち合わせていたけど、「継がなければならない」という無言のプレッシャーの中、自分はものづくりの仕事をしたいという思いが、自然と陶芸という方向に導かれていった。
モノを作るようになって、次第に家の仕事のすごさを見直したけど、だんだんと陶芸にのめり込む自分との距離は、大きくなる気がしていた。

それに「土」という素材が好きすぎて、「布」という素材に変な苦手意識を持っていたなぁ。上手く扱えないのです。
今ではそんなところで考えはせず、「生業」「ライフワーク」「百姓」 そんな言葉をキーワードに、
自分のしたい事をケジメ良く確り全部やっていく という決意。そして節義、道義を貫く生き方をしていこうという、以前より大きな視野で見るようになった。
こう考えることができるようになったのも、今まで出会ってきた人々や環境、精進してきた陶芸、モンゴル、モンゴルを通して見つめた「人の道」、その思いから東北に向かった心情 の積み重ねの上に生まれているのだと 信じます。

陶芸は春から秋にかけて本格的に。
農業もその季節に合わせて思い切り踏み込む。
基盤事業である家業は秋から春が忙しい。
奈良振興、地域振興というのは次第に絡まっていくように。

これらのことを自分のあらんかぎりの気持ちで尽力する。

写真は、仕事で新しくもらった裁ちバサミと糸切りバサミ。
よく切れすぎて怖い。今まで使ってきたはさみとはわけが違います。
糸切りバサミで2回指を切ってしまった。
技やコツは最後は自分で見つけていくもの。時間がかかってしまうけど。
仕事に必要な「道具」は大事に丁寧に扱わないといけません。

僕は「道具」が好きです。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-23 16:34 | works | Comments(0)

青空ロクロ

a0166378_236309.jpg

秋も深まる、いや冬も始まる季節に 青空ロクロをしました。

しなければならなかった。
いろんな人との繋がりが道を開けていってくれる。
東北から奈良に帰郷して一週間も経たぬうちに、かなり良品の電動ロクロをいただけることになった。
これは本当にありがたい事でどう感謝すれば良いのかわかりませんが、丁重に使用させていただき、良いものを創っていこうと思う。

仲間内で築窯した「輪窯」の3回目の焼成が目前に迫っていたので、製作する環境が全く整っていない中で、苦肉の策として青空ロクロを実施してみた。

結果としては、
道具が無い、ロクロは仮設に向いてない、久々で技術が落ちている、足場が安定しない、寒い、
と劣勢に劣勢を重ね、 「これじゃ無理!!」となった。

「あ〜いい景色やな〜」とか「あの小鳥さんはどこから来たのかな?」とか、世の情景に心を奪われながらロクロなんて回せるもんじゃない。
「ん〜良い風吹いてるやん。こんな日には散歩とかしたいな〜。 ...土乾くやんっ!!」

もっとこう、風のない場所で、目の前の「土」とのみ向き合う。入れ込むというか集中するというか、そんな状況でないと無理!

いやぁ。それにしてもロクロの技術が目を見張るほど落ちてたなぁ。野茂のフォーク並みに落ちてた。
これではまずい。

そして土の状態を管理するのが一番の肝だと言っても良い。それができない。

兎に角、まずは製作できる場、作業場を実家に設置せねばなりません。
そこでこれからずっと作業するわけではなく、「まずは」という範囲でできる場を。早急に。

家の工場の下にある倉庫。ここをまずなんとかする。
焦らずじっくりいく。

作陶の準備です。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-13 00:28 | works | Comments(2)

あやめ池遊園地の跡地

a0166378_01337.jpg

なんと結婚式場に様変わりしとる
とってもオシャレで少し落ち込む 遊園地カムバックしてほしいな〜

来週はここで姉夫婦を祝う予定です。思い出のある場所でってのはいいね
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-11 00:16 | 日本 | Comments(0)

切株とは

a0166378_20162921.jpg

切株って座りたくなりますが、
これは座りたくない

この小さいキノコ状の菌類、なんやろう。たまに見かけるけども。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-07 20:23 | 日本 | Comments(0)

とある道端の

a0166378_2251073.jpg

とある道端の とある川のそばの 大きな杉の木の切株
年月が経って株の上には その年月分の命がささやいとる

                                                   Miho Museumに向かう途中のどこか
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-03 22:15 | 日本 | Comments(0)

SMILE

a0166378_0551589.jpg

nice smile
                                                   塩竃神社
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2012-12-03 00:57 | 日本 | Comments(0)