タグ:日本 ( 171 ) タグの人気記事

いい家

a0166378_23295760.jpg

                                                   奈良

生活すること、営むこと、人を呼ぶこと
こんなにも豊かで美しくて、愛のある家をみることってありません

渡辺先生夫妻あこがれるわ〜〜
たまらんわ〜
こんな家に住んで家族で過ごしたいわ〜
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-04-25 23:33 | 家族 | Comments(0)

春のそら 2

a0166378_23533720.jpg

                                                    奈良・大渕池公園
ソメイヨシノとめぐりの見頃

桜は咲き始めあたりに、もうこんな季節か〜という感覚に。
それは新学期とか新生活とか、スタート的な印象を導くもので、
そういう新しい大きな動きを桜の季節にしなければならないのが嫌で苦手でした。
人見知りやったり気遣いやったり、孤独感とかを強制的に感じなければならないような。
世界は暖かくなって気持ちいいのに。
桜やいろんな花が咲き、新芽が息吹き萌えているのに。

そんな感覚を当然経験した事のないめぐりちゃんは、ただただ過ごしやすいことを肌で感じ、
桜が咲いていることに特別な思いを抱く事なく、咲いている事も咲いていない事もおんなじで、
全て新しくまばゆい世界に、平等に五感をやるのでした。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-04-08 00:05 | 家族 | Comments(0)

春のそら

a0166378_065364.jpg
 
                                                    奈良・平城宮跡
最近「エ??」と聞き返すような、かわいい声で首を傾げるめぐりさん

めぐりさんが僕らのまねをしてそうなってきているのか、オリジナルなのか分からない聞き返しの術
ぼくらがつられてめぐりさんの真似っこをしてしまいます


いや〜完全に春になりましたな〜


  
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-03-31 00:13 | 家族 | Comments(0)

うららか

a0166378_73436.jpg


人は 会えば元気になる 深まる 広がる
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-03-21 07:05 | 家族 | Comments(0)

時の流れに

a0166378_23393535.jpg


以前といまとの違いは、写真をしっかりと撮る回数。
毎日何かを思い、何かを感じて生きているのですが、
それら感じている全てのことを、ぽとりぽとりと池に落としていくような、
そんな時間や行いが足りておらん。

モンゴルに居る時のような「一人感」
これを今はあまり感じれないゆえか、時の流れに身をまかせ、過ぎ行く日々にただただ驚くばかり。

めぐりの成長や僕ら家族の成長を、しっとりとドリップさせる必要があるわ。
なんか忘れかけていたものがあるわ。

パソコンに向かう時間がかなり減っている。せなあかんことが増えてるのが理由なので、それは有難いことなのですが。

しっかりと記していこうと思う。

めぐりはもう10ヶ月。
いろんな笑い方ができるようになったり、言葉にならない言葉がたくさんあったり、
いっぱい動き回って、たまには泣いて、
新しいものに触れては心動かしているようです。

もっと一緒に居たいのだけど、お父ちゃん色々やりすぎで。。
普通の父よりは一緒におる方かな?もっと一緒におらな。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-03-18 23:50 | 日本 | Comments(0)

つくるということ

a0166378_23332144.jpg


価値観の再構築
「つくる」こと。これを生活の基本としたいと考えています。
在るものの中で済む事もたくさんあるのですが、自分の手から0を1に、又は1を2にする行いが、
世の中を良い方向に向かわせると思っているのです。
古来より人は何かを作り、生み出しては使い、生活してきたはずです。
しかし昨今の我々の生活の軸は、どうも「つくる」よりも「使う」ことにバランスが偏り、
「消費」することばかりになってしまっている気がしてなりません。

僕たちが何も生み出さずに消費を続けられているのは世界のどこかで生産しつづけている人々がいるからなのに、
そのことを忘れて手に入るものを片っ端から使い捨てていくような、随分ともったいない現状です。

つくる側も「作れば作るほど売れる、消費を促す」という盲目的な意識で、多くの無駄なものを作ってしまっているのではないでしょうか。
そういった消費のスパイラルにより、人々の物事に対する価値観や感覚はマヒしたり退化したりして、いつの間にかケガをしていても気がつかないようなぜい肉の塊になってしまった。
物事の価値や人々の持つべき価値観を、「つくる」というカルマに基づいて再構築したいという決意があるのです。

どうでしょうか。

目の前に在る物事を確り大切にしていく事が、政治も経済も医療も福祉も教育も全てにおいて肝心ではないですか。
そのことをほんまに肝に銘じなあかん。先祖代々「作る、造る、創る、そして繕う」ことをしてきたはずです。

無駄な消費を少し減らして、手前味噌を作るんです。
安心して暮らせる環境をつくっていくのは、今の我々世代の生活の仕方が大きく関係するとおもうんです。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-03-18 23:34 | 日本 | Comments(0)

2015年 継続邁進の年 きのとひつじ 乙未 

a0166378_11383627.jpg

明けましておめでとうございます
昨年は色々な出来事があり、難しくとも非常に充実した一年。
農業や陶芸を軌道に乗せようとし、少なくはありますが成果を得て今年を迎えました。
実践の年ということで言っても、概ね実りがあったと自負しています。
モンゴルから帰国して3年。
まるで矢のごとく光陰過ぎ去りましたが、振り返れば様々な活動、重要な決定や事象があったなとおもいます。
それらをこの正月にうっすらと想いを馳せ、今年の抱負を得るところ。

昨年からの動きにもう一歩踏み込み、継続していく。
邁進の年です。

きのとひつじの年は、紆余曲折したり、依然そとからの抵抗の強さに屈しそうになるが、負けない気概を持つべき年です。
陰ながら物事を着実に進め、なおかつ過去の慣習や重荷になるような事柄をばっさりと置いて、改革的精神で一歩踏み出すべき年。
我々一人一人が弛むことなく着実に正しい価値や大切にすべきことを、育み、守り、創造していく姿勢であるべきだと思っています。

モンゴルで得たあの幸せのカタチ。
育んでいこう。

日本から変わっていくべきです。
金銭物質至上、経済資本至上主義ではなく、地球環境至上主義へ。
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2015-01-04 11:53 | モンゴル | Comments(0)

伊吹山から

a0166378_23365215.jpg

                                                   滋賀 伊吹山
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2014-12-11 23:37 | 日本 | Comments(0)

めぐり 環 6ヶ月

a0166378_028891.jpg

めぐりがこの世に還って来てくれてから、半年経った。
日々感動させてもらっていて、この感情を文字に残したいと思いながらなかなか至らないので、文字を羅列することにする。

生まれたての人 ってこんなに美しいのか。
肌が新素材かと思うほどきめ細やかで美しいのです。僕が触ると汚れてしまいはしないかとさへ思う。
本当にいろんな表情をだせるようになってきた。豊かなのです。

少しずつ感情が芽生えてきたように思う。
何かを見つけ、じっとみる。そして近づこうと身体や手を動かす。
目の前にあるものは一体なんや、 とイメージを持ち合わせない頭の中に、爆発的に新しい景色や形が焼き付けられていく。

右手右足が力強く、よく動かすので右利きなのかもしれない。
手でトントンと何かをたたいたり、指でこりこりと掴むようなひっかくような感じの動きでものを触って何かを確認している。
よだれがよく出る。必死になっていたり考え事をしているとき、夢中になっている時に出やすいみたい。かわいいなぁ。

一人で座れるようになった。これはホンマにすごい!
そして、わりと生まれた時から立とうとする。
足をビンと突っ張って、立った時の感触や景色を好んでいるようにみえる。自立するのが早そう。
おっぱいを飲んでいるとき、周りの音が気になって振り向いたりする。飲んでいるときはホンマにかわいい。

お風呂に入れてあげてて、二人きりになった時にけっこう新しい動きや出来るようになることが比較的多かった。
いまは大きくなって来て、顔に水がかかるのを少し嫌がったり、あったかくなり眠気がきて濡れた手で目をこすってそれで目が痛くなったりする。


表情が日に日に鮮やかさを増す。
生まれたての素朴で簡潔な顔ではなくなって来た

身体を洗っている時の顔
あくびの顔
振り向いた時の顔
僕が家に帰って初めて僕を見る時の顔
たっちしてるときの顔
眠くて目をこする顔
爆笑モードの時の顔
驚いて泣きそうになってる時の顔
泣き顔
朝起き立ての笑顔
母と笑い合っている時の顔

出せばキリがないけど、ひとつひとつの生活のなかの表情が愛おしく、愛らしく、麗しい。
胸がぎゅっとなる。

僕はおっぱいが出ないし、やっぱ心の安心は母の胸の中にあるのやろうから、なかなか上手に寝かしたりできなかったり
なんかしら上手にできなかったり、加減がわからないときもあって、くやしいし、もどかしい。

べったりになんのはちょっと違う、自然体で優しい空気のなかで心を育むようなせいかつをしていきたい。


時が経つ早さ。
成長著しく、日に日に出来ることが増え表情が豊かになっていく。
それを全てやなくても垣間みれる、見守れることの有難さ。感動的である。
環について想うことが沢山あるが、刹那刹那に感情はほとばしり、はじける。
それが毎秒毎秒来るものだから、今在った感情がいつの間にか過去のものとなり、感情の痕跡だけが残る。

『いま』をおさめよう、覚えようとしても、その例の毎秒の感動や不安や心配などが「いま」を塗りかえ、新しい世界を見せてくれる。
これが『成長』と言えるもので、これが『ひとが生きている』ということなのかと、
その流れの速さに圧倒され、そのことにまた感動する。

命のたくましさと美しさ。
これには美しさだけではない、あいらしさみたいものが芯のほうでピカピカ光っているような気がする

a0166378_134561.jpg


めぐりよ おーめぐりよ
幸せの環を広げましょう 
ありがとう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2014-11-07 00:28 | 日本 | Comments(0)

PAPER LANTERN 

a0166378_2326524.jpg

[PR]
by mongoling-yanwoo | 2014-11-06 23:26 | 日本 | Comments(0)