また合う日まで

a0166378_11151950.jpg

涙くんさよなら さよなら涙くん また合う日まで
きみは僕の友達だ この世はかなしいことだらけ
きみ無しではとても 生きてゆけそうにない
だけど僕は恋をした 素晴らしい恋なんだ
だからしばらくはきみと 会わずに暮らせるだろう
涙くんさよなら さよなら涙くん また会う日まで                      歌・坂本九
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-08 11:24 | モンゴル | Comments(10)
Commented by mina at 2011-02-13 00:13 x
トボトボ。。。

淋しくも見えるし
暖かくもみえる。

あかいなあ〜〜。。。。

馬の写真は本当に
鼻息がきこえてきそう!!

涙くんはオトモダチやなあ〜〜
でもさあ、スバラシイ恋というか
本気の恋は涙くんと大親友よなあ??

ふと、おもった。

Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-14 19:54
うん、そうかもね。
まあこの歌は希望をもって前に進んでこうって意味合いの歌やと思うからね。
恋という意味が広いように感じます。

本気の恋をするあなたは涙くんと大親友ですか*v*
いいね!
涙くんはええやつっす。

ちなみにこの子は貯水塔から漏れでて凍った氷の上で、一人遊んでいるのでした。
Commented by mina at 2011-02-15 00:39 x
すごいなあ〜〜!!
さすがモンゴルは遊び方がちがうなあ笑

恋かあ〜〜。。。
私に有るのは、母性と愛やなあ笑

でも、作品つくるのも
恋か〜〜?

恋ってなんやあ〜〜
”夢中になれるなんか” かあ〜?

Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-16 21:37
恋ってなんや〜〜。僕の方が聞きたいわ〜〜。

土をさわってたときは土を、というか素材を異性に例えてよく話をしましたけどね。
あの人はけっこう荒い扱いをするな、とか、大事に大事に扱いすぎて最後には見放されてるなw、とか、あの人は表現のための素材としかみてなくて冷たいな、とか。。

そんななか僕の関わり方はというと、土ってなんや!?みたいなとこに行ってもうて、最後には全裸でbody painting的な不器用な関わり方を。。
土を女性に例えて考え直すと、とてもストーカー的変態的なかんじの強い憧れで見ていたように思えて、、汗がでます。
いやそんな例え方はおかしいんやけど!

「作品を作るのも恋」っていうのはやめよう。遊び半分の話の中だけに。。

恋って盲目的とはよく言うわな。
一切のことを忘れて陶酔するのが恋 一切のことを知って喜ぶのが友
みたいな
Commented by mina at 2011-02-17 00:32 x
ストーカーかあ。
そうか、ストーカーやったんやな笑

私はかなわぬ恋に逆切れって感じかな?笑
あ〜〜。あかん。もうえええわあ〜。。。やったなあ。。。

うんやめようやめよう。

一切の事を忘れて陶酔するのが恋
一切の事を知って喜ぶのが友!

ほんまや♪

うーやんのお茶碗で
毎日皆で食卓を囲んでるよ♪
(´▽`)
ぱっとみ派手なものもいいけど
愛着わくもの も素敵やんね♪

”使うもの”は特にね♪
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-17 23:24
僕のお茶碗か。

ありがとう。
そういうのを聞くと嬉しい気持ちと恥ずかしい気持ちが入り交じります。

しかしまあ今となっては恥ずかしいわ。
返してほしいくらい、もっといいものを作りたいと思うよ。

どんな器やったかな〜。
Commented at 2011-02-18 02:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-19 19:49
帰ったら、希のいっとこかー*
割れたやつが捨てれないなら、漆と金銀とかプラチナで繋ぐって技もあるけど、ようかんがえたらすごいな。 
金接ぎの技法、帰ったら学ぼ。
Commented by ミナ at 2011-02-20 02:08 x
おー!!
希のまってます♪
いやいや、うーやんを待ってます。笑

凄いなそれ!!!
(´ω`)金接ぎ!!
使い捨てじゃない日本の文化??♪
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-21 00:43
まあ待ってて下さい。
金つぎは日本、、かな?
中国はなんか金属的なもので固定している映像を見たことある気がする。映画「初恋の来た道」やった気が。。
ただ金つぎは漆使えないとな。。
僕漆の匂いだけでもかぶれるねんな〜
<< 雪祭りの日 旧正月 春節 ツァガンーンサル >>