ウランバートルの夕空

a0166378_23533489.jpg

夕日が好きである
でも生まれ育った家でも7年住んでた京都でも夕日らしい夕日をあまり見たことがない
それは山があったからや   生駒山と西山
ちなみに山も好きである
モンゴルに来てから夕日をみる機会が随分増えた
夕日はこころを落ち着けてくれる  朝日はわくわくする、けど時に焦らされる

今日、人に借りたゲド戦記のDVDをみた 初めてみた
かなり期待を低くめに設定して挑んだが、それを大きく下回った  正直、「ん?え?」となった
ストーリーや映像の奥行きがまるで感じられずに終わってしまった 良いところをあまり見つけられない作品は久々である なぜや
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-02-21 00:15 | モンゴル | Comments(4)
Commented by kanlan-cap at 2011-02-21 23:09
ものっそいきれい。
夕陽ゴイです。ゴイというかサイハン。
ゲド戦記については同感でした。
むしろ驚いたのを覚えています。
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-23 00:03
コメントをありがとう。
UBの平和橋からです。
ゴイではなくサイハンですね。
イケてる、ではなく美しい、です。

ゲド戦記、思い出す度に「はぁ?」ってなってる。
あんなベタッとした絵、タートルズ思い出したもん。
もののけ姫をみた後やったから、なおさら。
Commented by ミナ at 2011-02-23 16:27 x
ゲド戦記!!
あかんやろうちょ思ってたけど、もうしばらく映画館いは行けないだろうと、(いぶきがうまれるから)
映画館で観てもた〜〜〜〜。。。

駿パパが、あいつはあかんていうわ!!
ある意味無機質で吐きそうになるくらいのインパクトはあるけどね。。。
あ〜金返せでした。よ。

おもいだしたくない。。
映画館なのに、迫力のないこと。。。。

きれいっやなあ!
夕暮れがいちばんすきや
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-02-26 23:44
そうですね〜。変にジブリに乗っかった感が、一番モヤッと感じさせられました。

ゲドの次は「ベンジャミンバトン 数奇な人生」をみました。
悪くなかった。むしろ、表現の仕方や描き方に、好感を得ました。ブラピの静かな演技は見慣れないものがあったけど。

夕日はいつも気持ちを落ち着けてくれます。
一日の終わりを静かに、鮮やかに、教えてくれる感じかな。


<< 2−b 復習の時間 ディーゼルエンジンの列車 Bagon >>