人気ブログランキング |

まちをつくろう

3年u組の授業 
教室に入った時、生徒が僕を見て驚いた。日本に帰ってしまったと勝手におもったらしい。
僕の登場に生徒は喜ぶと共に、9歳なりの慎みを見せた。 日本の現状を知っているのだと解った。
遠慮されるとこちらもやりにくいので、元気であることを伝えた。

「いま、にほんは苦しいけれども、きっとまたみんな元気になります。」

そう伝えて、笑顔で授業に入った。
急に思い立ち、計画していた授業を中止し、まあ本当に思いつきで折り紙の授業に変更した。
ただ自分がしたくなったからや。

『折り紙「お家」を作って住みたくなるような色をぬろう』
 
a0166378_21275014.jpg





一度、簡単なほうの家は折っているはずなので、授業はスムーズに進んだ。


それから早くできた子が何人か前に来たので、テープを渡し、
黒板の好きなところに貼っていいよ と言ったところから、始まった。

落ちていた小さなチョークを手に、数人が黒板に線を描き始めた。

a0166378_2146214.jpg

「道ですか?川ですか?」→「みち!」  「そうですか」


a0166378_21475229.jpg

車、山などが加わった。 お〜楽しそうだ。 犬もわんわん吠えているのやろう


a0166378_21501896.jpg

良く見たら、めっちゃかわいい家ばっかりやん
a0166378_21542520.jpg

人も増えてきた





ほんで、ふと感じた。
a0166378_2254375.jpg

a0166378_2265718.jpg

今、この子らの心の中には日本を思う気持ちがあることを。

日本を思って描いている

誰かが空に「ヤポン(日本)」と書いた。





この子たちは、日本をおもって町をつくってくれていると感じた。

何人かそばに寄ってきて、「津波が来たんでしょ?」とか「お母さんお父さんは大丈夫なの?」とか耳打ちで聞いてくる。

a0166378_22123816.jpg

日本の地に、草や花、蝶々をたくさん咲かせてくれる


a0166378_22145651.jpg

みんなで力を合わせて、ステキな町が出来上がっていく


今まで見たこともないような、ステキなステキなみんなの町が、出来上がっていく



最後に「先生、あそこに笑顔の太陽を描いてよ!」と頼まれ、僕も筆を入れる  太陽をみて、生徒も笑う
a0166378_22191885.jpg


眺め、見とれる。僕の眼を、生徒が覗き込んで笑う、冷やかされる




「みなさん、いま、日本はとっても大変です。たくさんの人が苦しみ、泣いています。
 でも、みんなみたいにこうやって、力を合わせて新しい町をつくっていきます。
 もしこんな楽しい町ができたら、日本の人々は大喜びでしょう。
 でも、日本人だけでは難しいから、どうぞあなたたちも手伝って下さいね。」


生徒全員から大きな大きな、「ザーー!!(ハイ!!)」が返ってきた。



ありがとう
by mongoling-yanwoo | 2011-03-17 22:45 | モンゴル
<< 日本へ 励 >>