世界のみんなは一つの家族 チャリティコンサート

地震の報道があった3日後に、「日本の歌でチャリティコンサートをしよう」と相談を受けた
日本の歌も教える音楽クラブ教室の先生には、僕は前からよく手伝いをしていた
急な話に僕は最初お尻が重たかった 予定日が他の用事をと重なっていたというのもある
「あなたの助けが必要」
それは当然だと思った 僕無しでは出来ない
なぜなら、それは日本のみんなの心に届けという想いで行なおうとしているからだ
そうして予定までずらしてもらって、今日開催された

a0166378_23464021.jpg

いつもの祭り事の時の、ただ単にイケてるように構成されているのではなく、歌い手一人一人の想いがこもっているように感じた


a0166378_23484283.jpg

歌も、”大切な人へこの想いとどけ ” というものばかり選んでいた


a0166378_23493368.jpg

最年少7歳 あんなに長い外国の曲を100%の力で歌いきった


a0166378_23501539.jpg

3年生のこの子は、驚くほどリズミカルなステップで腰を揺らし舞台上を天使のように舞った


a0166378_23511634.jpg

難しい平原綾香の曲だった 僕はこの子の歌に涙が出た 心から湧き出すように、音を奏でた


a0166378_23521046.jpg

この子たちみんなで作り上げたコンサート
人もほんとうにたくさん来た
こんな小さな子どもたちが毎日練習をかさね、一生懸命になって人に伝えようとした結果
大成功だった

モンゴルにいる僕を含め、この子たちは被災した人に直接なにか手を貸すことは出来ない 被災者の顔も知らない
でもテレビのニュースではじめて見た津波という恐ろしい光景に、心が動いたんだとおもう
ニュースをみた生徒が先生に「日本の歌を歌いたい」といったらしい
それがきっかけでここまで来た

出来ることをしようとして、行動した
そしてそれは人の心を集め、動かした
やり終えた子供たちの顔は、みんな晴れやかだった


今回の入場料全てを日本に義援金として送る予定
こんな遠い地でも、日本を応援している

世界のみんなは一つの家族 という想いを胸に
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-03-26 00:55 | モンゴル | Comments(2)
Commented by めんごる at 2011-03-26 01:36 x
読んで、想像して、胸があつくなった。
絶対届く。
みんなの思い。
Commented by mongoling-yanwoo at 2011-03-26 16:05
日本の被災者のことを想う
瓦礫の中に埋もれる人の気持ちを想う
昼夜問わず不眠不休で命を探す救助隊を想う
被爆する危険を顧みず命を懸けて取り組む人々を想う

彼らには、家族がいる
<< エール 数奇な一日 >>