久遠の河

a0166378_1331863.jpg
       もう そこには 風の音が響き
       そう 誰もが 新たな種を蒔く
       いにしえのうたを語る 壁の跡に

       岸辺を 砕く波
       何を憂うの まだ

       別れた人の名が 消えないように
       悲しみも包み込んで 許しましょう いま

       涙の向こうへ まだ光は射すから
       大河の流れに このこころをあずけて
       水に舞う月のように
       たとえすべてが夢でも
       どんなときも 行きてゆける

       苦しみが
       いつか愛に 報われるなら

       教えてください
       なぜ命は争う
       答えてください
       この絆が問うもの
       何処も同じ空なのに
       雲は時に傷を負う
       雨を呼ぶ

       涙の向こうへ また光が射すまで
       大河の流れに このこころあずけて
       水に舞う月のように
       たとえすべてが夢でも
       遥かな道
       行きてゆこう
[PR]
by mongoling-yanwoo | 2011-10-15 13:54 | モンゴル | Comments(0)
<< 雲が染まる 授乳の秋 >>